とやまし元気づくりプロジェクト まちスポとやま

ここでつながる、ここからはじまる。
まちスポはあなたの「やりたい」「やってみたい」の実現を応援するNPOです
まちづくりスポットをお気軽に「まちスポ」と呼んでください。

まちスポとやま




2021年の元気プログラム

2021年度とやまし元気づくりプロジェクト/ 富山市は、市民1人ひとりがウェルビーイング(健康で幸福な状態)を目指せるよう取り組みます。たまに落ち込んだりもするけれど、たまに病気もするけれど、わたしらしく、しなやかに生きる。そんな私を見つけませんか。富山市が目指すウェルビーイングとは元気(生きがい・仲間で元気を増やす)と病気(病気の予防や治療)のバランスを取りながら、自分らしくイキイキと生活できることです。仲間と一緒に元気を増やして、ウェルビーイングを目指しましょう。仲間を増やし、ウェルビーイングを高めるプロジェクトそれがとやまし元気づくりプロジェクトです。

ウェルビーイングを高める元気プログラムへの参加方法は二つ
1.企画する学び「プログラムを企画したい!」
2.参加する学び「プログラムに参加したい!」
3.対面開催のプログラムに参加する皆様へ




1.企画する学び「プログラムを企画したい!」


NEWプログラム
「ウェルビーイング研修プログラム」参加者募集!!
ウェルビーイング研修プログラムとは、ウェルビーイング(健康で幸福な状態)の学習および、ウェルビーイングを高めることを目的にした健康、趣味等に関するプログラムの開催方法について、期間を定めて学習・実践をおこなう援助プログラムです。実践中の学習費・研修に係る経費は認定NPO法人まちづくりスポット(以下、「まちスポ」)が負担いたします。

申請書式はこちらからダウンロードできます。
申請前に一度お問合せください。実施したい企画についての打合せと、申請書の書き方もお話させていただきます。
申請にあたってわからないことがあればいつでもお問合せください。

申請書式受け取り後、まちスポとやまよりウェルビーイング研修実施についての「決定通知書」を発行いたします。
サンプル資料を添付していますので、ご確認ください。

決定通知書発行後、研修を実施します。
ウェルビーイングについて理解を深めるための座学や実践研修などに取り組んでいただきます。実践研修での企画実施と、その後は報告書の作成も行っていただきます。報告書の提出までが実践研修となります。報告資料は以下をご参照ください。
※資料番号は申請書からの連番になっています。

各提出資料について、記入例を用意しておりますのでご参照ください。



研修後の次なるステップ「令和3年度とやまし元気プログラム開催補助金」に申請をご検討中の方はこちらをご参照ください。





2.参加する学び「プログラムに参加したい!」

自分時間を楽しむ

ココロを元気に
“自分時間を楽しむ”とは

頑張りすぎず自分のペースで生活の楽しみを見つけたい人へのプログラム


「自分時間を楽しむ」では、同じ興味を持つ人同士で集まり、専門家からのお話だけではなく、参加者が持っている知識をシェアしながらより充実することができるようになることを目指しています


◆オンラインってどうやるの?~一緒にzoomをつかってみよう~

スマートフォンやパソコンなど持っているけど、なかなか使いこなせないからもっと勉強したい!という方におすすめのプログラムです
zoomを使いながら、オンラインイベント・会議の参加方法を学べます。さらに、「Wi-Fiのつなぎ方がわからない」「アプリって何?」などの疑問を参加者と講師で共有しあい、オンライン機器への理解を深めていきましょう。今更聞けない…!と思っていることも、この機会にぜひお話ください♪

◇開催日/月1回程度開催予定
  7月22日(木)
  8月19日(木)
  9月16日(木)
 10月21日(木)
 11月18日(木)
 12月16日(木)
  1月20日(木)
  2月17日(木)
※新型コロナウイルス感染症対策にご協力ください。Stage2以上の場合は中止します。予めご了承ください。

◇開催時間/各日2コマ開催予定
【午前の部】10:00~10:45
【午後の部】13:00~13:45

◇開催場所
総曲輪レガートスクエア
まちなか総合ケアセンター1階 地域連携室
〒930-0083 富山市総曲輪四丁目4番8号

◇申込み・問合せ まちスポとやま(要事前予約)
TEL  076-461-3332
FAX  076-461-3359
MAIL toyama@machispo.org

◇その他
開催日程一覧はコチラをご参照ください







健幸の見える化

身体も心も健康に
“健幸の見える化”とは

健康診断で血糖値が高めと言われて
晩酌を我慢したり運動を頑張るのも…
自分に合った健康づくりを楽しく続けられる方法を見つけたい人へのプログラム


「健幸な100歳人生」に向けて、いつか訪れる病気と障害…それでも幸せに生きるためにあなたは誰と何をしますか?その誰かはどこにいますか?人生100年時代。「健幸」な繋がりづくりを目指しています


◆ブラとやま

富山市内の地形を知り尽くした講師と一緒に“ブラブラ”散策!先人たちの暮らしの痕跡と、今に生きる知恵に出会いながら、見慣れた町並みの新たな魅力を再発見しに出かけましょう。
講師に富山大学都市デザイン学部准教授 安江健一先生、立山黒部ジオパークのジオガイドの皆さんにもご協力いただいきます。そして、富山の暮らしや地形に詳しい市民の方も一緒に参加予定です。あなたの知識や歩く界隈での思い出もぜひ教えてください。ウオーキングの距離はおおよそ4kmです。

◇開催日程・集合場所/全5回開催予定
 第一回 松川・神通川周辺散策 ※中止 
開催日   8月21日(土)
集合場所 まちなか総合ケアセンター
     1階 地域連携室
 第二回 まちなか周辺散策 ※中止 
開催日   9月18日(土)
集合場所 まちなか総合ケアセンター
     1階 地域連携室
 第三回 富山駅・環水公園周辺散策 
開催日  10月16日(土)
集合場所 現地集合※場所は後日公開します
 第四回 まちなか周辺散策 
開催日  11月20日(土)
集合場所 まちなか総合ケアセンター
     1階 地域連携室
 第五回 呉羽山周辺散策 
開催日  12月18日(土)
集合場所 現地集合※場所は後日公開します
※新型コロナウイルス感染症対策にご協力ください。また、感染拡大状況等により、延期・中止、またはプログラムがオンラインでの配信となることがありますので予めご了承ください。

◇開催内容/各回共通事項
受付開始 08:30
実施時間 09:00~11:00
参 加 費 無料
持 ち 物
・熱中症対策グッズ(水分、帽子など)
・筆記用具
・歩数計(任意:ある方はぜひご持参ください)
そ の 他
・感染症対策として参加表の記入や体温チェックなど実施します。余裕をもって集合してください。
・開催中、写真撮影をします。写真は、SNS・ホームページ等で開催報告として掲載するほか、当団体の紹介、次年度以降の広報などでも使わせていただく場合があります。写真になるべく写りたくない方は受付時にスタッフまでお知らせください。

お申込方法
まちスポとやまへ下記の内容をご連絡ください
(1)参加者名
(2)希望日程
(3)連絡先 参加当日繋がる携帯番号

Form Googleフォームに移動します
TEL  076-461-3332
FAX  076-461-3359
MAIL toyama@machispo.org







親子サークルtetote

子育てを楽しむ
“親子サークルtetote”とは

子どもと過ごす毎日は「初めて」体験がたくさん!
初めての共同作業
初めての遊び方
初めての触れ合い♪
子どもと一緒にママも友達を増やして今より楽しい毎日を見つけよう

親子サークル tetote

2021年度tetoteプログラムは[ママスキー]のイベント情報をご覧ください











対面開催のプログラムに参加する皆様へ

2021年元気プログラムは新型コロナ感染症の影響により、完全事前予約制にしております。予約なしでの参加はできません。

参加者の皆さんには受付にて、感染症対策として受付での検温やマスクの着用、手指の消毒をしていただく他、受付にて「参加者カード」のご記入をお願いしています。参加者カードには、住所、氏名、当日の体調、緊急連絡先などをご記入いただきます。

イベント開始時間までに受付を済ませられるよう、余裕をもってご来場ください。
ご協力、よろしくお願いいたします。


※イベント参加後2週間以内に自身が感染していることがわかった場合、必ず主催者までご連絡ください。
※イベントにて感染者が確認された場合、参加者カードの緊急連絡先にご連絡させていただく場合があります。




個人情報保護について

【お問合せ先】
まちスポとやま
〒930-0083 富山市総曲輪4丁目4-3
TEL : 076-461-3332
FAX : 076-461-3359
MAIL : toyama@machispo.org

まちスポとやまは
寄せられた相談を聞いたり、応えたり、思いを繋げることで、その方の思いの実現をしています。思いの実現を増やすことで自分にも相手にも隣の誰かにも〈安心〉〈自信〉〈関心〉があるまちをつくることと、その仲間を集めることが目標です。

まちスポとやま
ギャザリングスペース
元気プログラム
オンライン配信サポート
Copyright (C) 2018 All Rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る